日記の表示数:

Apr 18 (343匹目)

(無事に帰国)

(日記はいずれ追いつくでしょう)

  • 18日(343日目):Flight
  • 17日(342日目):Carter Observatory
  • 16日(341日目):Wellington
  • 15日(340日目):Kaikoura
  • 14日(339日目):Christchurch
  • 13日(338日目):Dunedin

Apr 12 337匹目の羊は恐竜の末裔に会う

Invercargill

給水塔 再び波に揺られ,Stewart島からBluffを経由してInvercargillへ戻ってきた.昨日よりは酔わなかったかな.このInvercargillという町は,世界最南端の「市」らしい.「最果ての都会」といったところか.写真は,町のシンボル,給水塔.今夜の宿はここの近く.写真は撮らなかったけど,夜の眺めも美しかった.

Invercargillの他の観光スポット,Southland Museum and Art Galleryでは,トゥアタラのヘンリー君とご対面(写真は撮影禁止).トゥアタラは生きた化石とも呼ばれるトカゲのような爬虫類で,恐竜の時代から姿を変えずに生き続けているのだとか.ヘンリー君は推定年齢が100歳以上らしい.ほとんど動かないので,よくよく探さないといるのに気がつかないのだが,今回は穴から顔を出してじっとこっちを見ていた.「10年前にもこいつを見たな」と思っていたら,すごい.

最果ての地からインターネット

旅行中も,ネットカフェからのメールチェックは欠かせない.仕事のメールだって,もちろん読んでいる.「日本人が新天体を発見したからデータの更新を」あれまあ,タイミングの悪いこと.

宿に戻ってデータを整理し,ニュース用の星図を作成.それほど時間をかけることなく作業できたが,送信は明日だな.

Apr 11 336匹目の羊は船酔いする

Stewart島

NZの南島のさらに南に,Stewart島という第3の島がある.島の半分以上は未開発で,野生のKiwiも見られるようなところだ.NZの最南端というわけではないが,南島よりも南なので「一番南まで来た」と思える,その気分を味わいたくて,10年ぶりに島を訪れた.

旅程は,まずQueenstownからバスでInvercargillへ行き,バスを乗り換えて本土(ほぼ)最南端のBluffへ.昨年末には本土(ほぼ)最北端を訪れたので,NZの北端から南端まで旅したということになるかな.そのBluffから高速艇に乗り換え,およそ1時間でStewart島へ.この船が揺れる揺れる.すっかり船酔いしてしまい,Stewart島のHalfmoon Bay(旧称Oban)に着いた時には立つのもやっという有り様だった.ぐぇ~.

宿の前からHalfmoon Bayを眺める この旅ではいろいろなタイプの宿に泊まっているのだが,ここStewart島ではコテージを借りた.Rose Cottageという名にふさわしい,ピンクのバラがキレイな,小さくてきれいなコテージ.キッチンで自炊したり洗濯をしたりと,旅の途中で普通の生活モード.「宿代は机の上に置いといてね」って,性善説を信じているのか半分ボランティアみたいなものなのか.

水中探検

Stewart島へは,旅の中でも「何かを観光というよりは,ただ来たい」という気持ちで訪れているので,特にこれといって予定はない.とはいえ,やっぱり来たからには何かをというわけで,「水中探検クルーズ」に参加した.

船底の窓から魚が見える 船底の横窓から,海の中が見える.海草(海藻?),海底の模様,魚の群れなど.自分の目で見ると面白いんだけど,写真や窓から眺めたようすの動画だと,ちょっと伝わらないかなあ.

クルーズ後には散歩して島を探検.海岸の砂浜を歩いたり高台に登ったり.10年経っても,全然変わってなかった.

Apr 10 335匹目の羊は発電所を見学する

Manapouri

水力発電所 今日のツアーはまず,発電所の見学から.NZ最大の水力発電所(水力発電所として最大なのか,全体としてなのかは不明)であるManapouri水力発電所へ.非核,非原子力の国,NZでは,水力発電は大きな割合を占めている.Manapouri湖を東から西へと船で渡り,バスに乗ってトンネルを進み,湖の下にある発電施設へと案内される.湖の水を地下に落として発電しているのだが,うーん,さすがにでかいな.

Doubtful Sound

NZ南島の西海岸はフィヨルド地形になっている.特にMilford Soundというところは有名な観光名所で「世界8番目の不思議」というキャッチコピーもあるのだとか.残り7つが何かは知らないが.

Doubtful Sound Doubtful Soundにかかる虹 そのMilford Soundほどは有名ではないが,同じようなフィヨルド地形,Doubtful Soundのクルーズに参加した.Soundは「入り江」という意味ね.このあたりは世界有数の多雨地帯で年間降水量が5000mmを超えるらしく,船に乗っている間も,ずっと雨.そのおかげで虹も見られたから,雨もそんなに悪くはない.イルカやアザラシも眺めながら,山と海の融合した,何とも壮大な自然を楽しむ.NZに来たからには,こういうのを堪能しないとね.

Milford Soundと同じような景色が見られるのに,Milford Soundよりも船に乗っている時間が長いし,観光客がそんなに多くないし,発電所見学もできるし,なかなかオススメのツアーだな.Queenstown発着で約13時間のツアー,疲れたけど大満足の1日だった.

Apr 09 334匹目の羊は旅に出る

いい日旅立ち

山は雪景色 出発の朝,山は雪景色.本格的な冬が始まる前にTekapoを脱出だ.Yrさん,Krさん,Bnさんが,バスの発着所まで荷物を運んでくれ,見送ってくださった.最後まで,本当にありがとうございました.

Queenstown

バスは一路西へ.旅の最初の目的地はQueenstown,2月末以来の訪問である.

ゴンドラからWakatipu湖 Queenstownはラフティング(川下り)やスカイダイビングなどさまざまなアクティビティがあることで知られているが,何と言っても有名なのがバンジージャンプ.10年前に1度跳び,今回の滞在でも必ずやろうと思っていたのだが,精神的に弱くなっちゃったのかなあ…結局挑戦できなかった.代わりに,というわけでもないが,ゴンドラに乗って山頂へ.見下ろすWakatipu湖がきれい.

ゴンドラに乗るだけではつまらないので,リュージュ(そり)で遊ぶ.思ったよりもスピードが出て,面白いが寒い.Miさんは安全運転,ゆっくりと降りてきた.